飲みやすい青汁ってどんなもの?

飲みやすい青汁ってどんなもの?

青汁は美味しくないというイメージがありますよね。色からしても美味しそうには見えないものです。たしかに昔の青汁はあまり美味しくありませんでした。その理由は主原料となっていたケールにあります。ケールとはアブラナ科の植物でブロッコリーの仲間になります。とても栄養価が高い野菜であり、欧米では料理として食べられてもいますが、とにかく味に問題があるんです。苦みや独特の青臭さがあるうえに、臭いもあまり良くありません。青汁とは生の状態のものを絞ってエキスを抽出したものなので、野菜として食べるよりもさらにマズさを感じます。青汁は栄養があるのに、あまり飲む人がいなかったのはこのケールのマズさにありました。

 

しかし最近ではケールと同じくらい栄養価が高いものを使った青汁が登場しています。それが「大麦若葉の青汁」です。大麦若葉とは、大麦がまだ成熟していない若葉の状態のものです。若葉の状態のものを絞って青汁にしました。ビタミンやミネラルなどの栄養がいっぱい入っています。またケールほどの独特の味がなく、すっきりとした味わいになっているのでとっても飲みやすいです。

 

大麦若葉以外にも、明日葉や桑の葉を使った青汁もあります。これらも味にクセがないので飲みやすいです。