安値のものと高値のものの違いは?

安値のものと高値のものの違いは?

スーパーやドラックストアでも青汁は売られています。100円ショップでも見かけましたね。これらの青汁は通販で販売されているものよりも安いです。通販で販売されている青汁は一か月分で約3000〜4000円くらいの値段のものが多いです。それに比べスーパーで売られているものは一か月分でも1000円以下のものがあります。どうしてこんなに値段が違うのか疑問に思いますよね。値段の違いについては以下のような要因が関わってきます。

 

●宣伝費
スーパーで売られている青汁のほとんどは広告などの宣伝を行っていないものです。対して通販のものの場合、顧客を集めるために広告などの宣伝をしなければなりません。宣伝費の有り無しが値段を左右するのでしょう。

 

●原料産地・製造方法のこだわり
通販で販売する場合は、直接お客様と取引をするわけではありません。お客さんは安心感と信頼で青汁を選ぶことになります。お客に選んでもらうためには安全な原料と、質の高い製造方法で作られた青汁だということを知ってもらわなければなりません。通販の場合、原料産地や製造方法にこだわりを持つため、いろいろな費用が必要となり青汁の値段も高くなるのです。

 

●特別な成分をプラス
ケールや大麦若葉といった主原料の他に、健康や美容に効果的な成分とプラスしている青汁もあります。他の成分をプラスするという事は、そのためのお金がかかるということです。そのためコラーゲンやグルコサミンなどがプラスされた青汁は値段が高めなのです。

 

安いからと言って決して粗悪な青汁とは限りません。原料や製造法などを確かめた上で安心して飲める青汁を選びましょう。