副作用ってあるの?

副作用ってあるの?

青汁は薬剤と違い、自然由来のものを原料としているので重大な副作用が起こることはまずありません。しかしその時の体調や体質によっては、青汁を飲んで具合が悪くなることもあります。

 

体調が悪くなる原因は「過剰摂取」ですね。青汁の効果をたくさん得ようと一日の必要量以上の青汁を飲んでしまう人もいます。青汁には食物繊維が豊富に含まれているので、たくさん飲み過ぎてしまうと食物繊維が体を維持するために必要な栄養素たちを吸着して、体外に排出してしまいます。そうなると栄養補給のための青汁によって、必要な栄養が減ってしまうということになります。ダイエット中の人や妊婦さんが、青汁をたくさん飲み過ぎてしまうと栄養不足を起こしてしまうので注意しましょう。

 

青汁の過剰摂取は栄養不足だけでなく、ビタミンの過剰摂取にも繋がります。ビタミン類は健康や美容のためには必要不可欠なものですが、たくさん摂りすぎてしまうと体調を悪化させます。「頭痛・腹痛・下痢・便秘・疲労感・筋肉痛・かゆみなどの症状」が現れたらビタミンの過剰摂取です。重症化するまえに青汁を飲むのをストップさせましょう。

 

また、血液をやわらかくする薬を飲んでいる人や、人工透析を受けている人は青汁を飲むのは避けましょう。どうしても飲んでみたいのであれば、医師に相談してからにしてください。